光学薄膜設計ソフトウエアThinFilmView(略称TFV)は、豊富な機能と圧倒的な使いやすさで、真空蒸着・スパッタリング・湿式コート等での製品立ち上げや品質管理など、研究開発部門だけでなく生産部門でもご利用いただけます。
光学メーカー様・電機メーカー様・研究機関様など、幅広くご利用いただいております。

在宅勤務等テレワークでのご利用に関するご案内

TFVは、Windows標準のリモートデスクトップ接続やGoogle Chromeリモートデスクトップなどのリモートデスクトップ環境でも動作いたします(すべてのリモート環境での動作を保証するものではありません)。
例えば、社内のTFVがインストールされUSBハードキーが接続されているPCに、ご自宅等からリモート接続して社内PCのTFVを利用できます。
リモート接続の方法や可否につきましては、お客様それぞれのセキュリティポリシーや許可されている接続方法等があると思いますので、御社のシステム管理部門にご相談ください。

TFVの特徴

独自の最適化機能

フリーハンドモード搭載!
膜厚変更 ←→ グラフ上の特性変更 の双方向オペレーションが可能です。
グラフをマウスで変形させると、その形になるように膜厚を最適化します。
フリーハンドモード動作の様子

リアルタイム計算

膜厚や物質を変更すると即座に計算が実行され、グラフや表に結果を表示します。
計算実行ボタンなどを押す必要はありません。
膜厚はマウスやキーボード(矢印キーやPgUp, PgDnキー)で簡単に変更できます。

シート形式の編集画面

設計データーを編集する画面は、複数シート形式になっています。
20個のシートがあり、最大20個の設計データーを比較しながら設計できます。
各シートの計算結果は、波長グラフ・入射角グラフに重ね書きされます。

マルチウインドウ

波長特性・入射角特性・色計算・光学式蒸着モニターなどのグラフや数値をマルチウインドウで同時に表示できます。

日本語表示

光学薄膜設計ソフトは海外製がほとんどで画面表示は英語ですが、
TFVは日本語表示の国産ソフトです。
ご質問等は日本語で直接技術者と連絡ができ、サポート面も安心です。
また、日本語・英語・繁体中文の3カ国語を切替表示できますので、海外工場などでのご利用にも便利です。

高解像度ディスプレイ対応 4K ready!

Windowsのスケーリングに対応し、高解像度ディスプレイでも文字が小さくなったり滲んだりせず見やすい表示です。
フォントサイズも指定できます。

機能紹介ページへ

動作環境のご案内

OS

Windows 7sp1, 8.1, 10, 11。 Windows 11 ready!
Home または Pro エディション。32bit版 または 64bit版。
Windows10 または Windows11を推奨します。

※ WindowsのSモードや、Qualcomm Snapdragonプロセッサ(ARM版Windows)では動作いたしません。
※ Windows XPでは動作いたしません。
※ Windows Vistaは動作未検証です。

CPU

Intel または AMDプロセッサ。
Intel Core i5またはAMD Ryzen5以上、4コア8スレッド以上のCPUを推奨します。

メモリー

32bitOSの場合、最大2GBのRAMを使用します。
64bitOSの場合、最大4GBのRAMを使用します。
8GB以上のメモリーを搭載したPCを推奨します。

画面解像度

1024x768以上の画面解像度。
Full HD(1920x1080)以上を推奨します。
複数のウィンドウを表示して操作するため、解像度が高くサイズが大きい画面を推奨します。

ストレージ容量

100MB以上のディスク空き容量。

USBポート

ハードキー接続用にUSB2.0または3.0のTYPE Aポートが1つ必要です。

TFVについて

TFVは、光学薄膜の設計・開発から生産現場での立ち上げ・生産技術まで約20年携わってきた経験を生かして開発したソフトです。研究開発部門だけでなく生産現場でも活用できるように、取扱説明書を読まなくても直感的に操作できる使いやすさにこだわりました。市販の光学薄膜設計ソフトは海外製品がほとんどですが、TFVは日本の技術者が開発した国産ソフトウエアですので特に日本のお客様にはサポート面で安心してお使いいただけると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

お客様専用の機能を搭載したカスタマイズ版も製作しております。お気軽にご相談ください。